ご契約までの流れ

Flow of Contract

ご契約までの流れをご紹介

ご契約までの流れをご紹介いたします。
満足のいく不動産契約は、流れ知り、計画をしっかりと立て挑むことが重要です。
「思っていたのと違った!」とならないためにも、こちらのページをよくお読みください。
SK・SUZUKIでは、下記に不動産契約準備チェックリストもご用意いたしました。
ぜひご活用いただき、納得のいく不動産との出会いを結んでください。

条件の整理と資金計画・おおまかなスケジュールを立てる

条件の整理と資金計画・おおまかなスケジュールを立てる

予算、住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を
事前に整理することは、満足の行く物件・土地を見つけるためには、必要不可欠です。
あとで 、後悔しないためにもここは一番しっかりとしておくべきポイントです!

物件選び

自分の条件に合う、気に入った物件を探し、実際に見学に行きましょう。

物件を探す

物件選び
毎月の返済額や住宅ローンについて計画を立てる

毎月の返済額や住宅ローンについて計画を立てる

物件探しと並行してながら、資金計画もより具体化させていきしょう。
住宅ローンの金利、毎月の返済額などをシミュレーションし、無理がないか確認します。

購入契約する。
引渡し時期などを決定

契約前に重要事項説明をいたしますので、必ず説明を受けてから、
売買契約の締結・手付金の支払いを行います。
不明な点をしっかり確認しながら進めましょう。

購入契約する。引渡し時期などを決定
住宅ローン契約を行う

住宅ローン契約を行う

購入するために必要な住宅ローンの選択、借り入れの手続きを金融機関と行います。
不明な点は金融機関にきちんと確認して進めましょう。

物件の引渡し

残代金を支払い、所有権と鍵を受け取り、入居に至ります。
仲介手数料などの諸費用の支払いもあります。
最後まで気を抜かないで手続きをしましょう。

物件の引渡し

Check Sheet

不動産契約チェックシート

STEP1 準備編

□ 希望条件は事前に優先順位をつけましたか?
譲れるところは譲らないと検討物件が少なくなります。
□ 資金計画は立てましたか?
買える不動産の価格を明確にしておきます。おおまかでかまいませんので、一度立ててみましょう。無理は禁物です。余裕を持った計画を。
□ おおまかなスケジュールは立てましたか?
スケジュールを立てないと住み替えの場合は、困った結果になることも・・・。無理のない予定で進めましょう。

希望条件や資金計画が詰まってから次の物件選択へ。
物件に自らの希望条件などを合わせてしまわないためにもしっかりとした準備をしましょう

STEP2 物件見学編

□ 気になる物件は積極的に見学しましたか?
実際に見るとまた印象が変わってきます。気に入った物件のページから見学についてのお問合せをしてください。
□ 気に入った物件について相談しましたか?
物件のことならプロにおまかせ!この物件はどうかな?と迷った場合はお気軽にお問合せ下さい。
□ 周辺環境や昼夜間の差などいろんな視点から検討してみましたか?
見た印象だけで決めてしまわずに、いろんなケースのことを考えてじっくり検討してみましょう。

STEP3 資金計画編

□ 提案された資金計画を自分でもよく検討しましたか?
自己資金をいくらまで用意できるかも明確にしましょう。
□ 住宅ローン以外にかかる費用も確認しましたか?
税金、修繕積立金にも注意が必要です。また、住宅ローンの保証料も諸経費に組み込みましょう。
目先の安さばかりに気を取られず、トータルの支払いもしっかり見ましょう。

STEP4 購入契約編

□ 重要事項説明書は事前に確認しましたか。
契約日より前に重要事項説明書はもらい、よく確認しましょう。
□ 契約締結後の解除はペナルティー付きにしましたか?
双方の安易な解除といったことのないように、慎重にしましょう。
□ 落ち着いて契約できましたか?
契約時に重要なことで知らないことが突然出てきたらひとまず契約は保留にしましょう。勢いでの契約は後々不満がでてきますので、辞めましょう。
□ 引渡し時期は、余裕を持って決定しましたか?
購入のスケジュールや仕事の状況などを考えて余裕を見て決めましょう。
□ キャンセルの際は早く連絡しましょう。
契約日近くのキャンセルは迷惑です。 売主があっての売買契約。やむを得ずするなら1日でも早くしましょう。

STEP5 購入契約編

□ 金利だけではなく総合的に見て金融機関を決めましたか?
ライフプランに応じて変更に対応できるなど、総合的に判断することで後で後悔せずに済みます。金融機関・商品によっての特徴もそれぞれありますので、よく検討しましょう。「トータルでの返済額」でも見てみましょう。ご相談も承っております。
□ 団体信用生命保険は入っていますか?
必ず入り、しっかりと事実の告知をしましょう。万が一の備えをしっかりしておくことが重要です。

STEP6 物件引渡し編

□ 引渡し前に、物件の再内覧を行いましたか?
1度は行っておくことで、トラブル防止になります。
□ 引越しスケジュールは調整できていますか?
事前にきちんと調整しておきましょう。トラブル防止になります。
□ 瑕疵担保責任期間内に故障や不具合を確認しましたか?
契約時には気が付かなかった故障や不具合があるケースもありますので、この期間内にきちんとチェックしましょう。
□ 賃貸からの引越しの場合、賃貸借契約の解除日はきちんと把握していますか?
スケジュールが合わずにトラブルになるといったことを防ぐために、きちんと把握することが大切です。
□ マンションでリフォームをする際、事前に隣接住戸の承認を得ましたか?
隣接住戸の承認が必要なことがあります。注意しましょう。
ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問合せください。
0598-30-8485 お問合せフォーム